プロフィール

かるふぁ

Author:かるふぁ
二次元の世界に行くにはどうすればよいのか?
そんなことを考えている
オタク大学生です
オタ趣味全般が大好物

最近の記事

応援バナー

WLOを応援しています! WLOを応援しています!

最近のコメント

最近のトラックバック

応援終了作品

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

『さくらんぼシュトラッセ』レビュー(批評、感想、内容、その他もろもろ) 

2008/08/30 Sat 23:55 - category:エロゲレビュー

初夏。桜の季節が終わり、サクランボの季節。
それぞれの試練を乗り越えた「かもめ亭」の住人達は、今日も平和に、ようやく手に入れた幸せの果実を堪能しています。

そんな、いつも通りの日常の中で--

四つの恋物語の、四つの「その後」のお話です。


さくらっせの感想すら書いてないのに、先にFDの感想書くのもどうかとは思うんですが(苦笑)
まぁせっかくの新作だからなw
今回のレビュー作品は『さくらんぼシュトラッセ』です
「ぱれっと」初のファンディスクにして、前作『さくらシュトラッセ』の後日談を描いたアフターストーリー
さくらっせにおいてのメインヒロイン4人それぞれのエンディングのその後のお話を読むことが出来ます
その他にもデスクトップアクセサリ集(壁紙集、デスクトップクロック、スクリーンセーバー)等のFDらしい内容も収録されております

さてさて、それでは肝心のゲーム中身ですが…

ぱれっとさん、これは短い!短すぎるよ!!

この一言に尽きるかなぁ~

1キャラあたり2時間前後(ボイス等すべて聞いた場合でも)×4なのでプレイする人によっては、購入日にオールクリアできると思います
FDといえど、流石にこれは短すぎではと…

てか、この作品は購入形態によっても評価のばらつきが生じるのではないかなぁ?
というのも
・コミケ先行販売版…値段4500円、特典としてさくらんぼCD、ぱれ本2008年夏号、Purple software&ぱれっと合同紙袋、ポストカードが付属

・ぱれっと公式通販版…値段5000円+手数料、特典としてさくらんぼCD付属

・一般販売版…値段4500~5000円、特典なし

とまぁこんな感じになっているからです
私は夏コミで買ったので特典の内容含めると値段に不満はさほどないのですが(特典だけで2000円分ぐらいの価値があると感じてるから)、他の2つ、特に一般販売版では相当不満が噴出するんじゃないかなぁ?
元々がミドルプライス品とはいえ、ゲーム自体のボリュームが少なすぎますから
でも、おまけ的要素は割合多いので、その分の評価はすべきだとは思いますけど
OP、EDのボーカル曲、ムービーなんかは新規に作られてますしね
(逆に考えれば、その分を少しでも本編にまわして欲しかった気もするが…)

ちなみにさくらっせ同様、ゲーム性は皆無です
選択肢すら全シナリオとおして1回しかでてきません(Hシーンのプレイ方法の違いが生じるだけ)
所謂サウンドノベル(音楽つきの読み物)と考えた方が良いでしょう
(最近はこういうの多いけどね)


ゲームのストーリーの内容自体の完成度は結構高いです
アフターストーリーとして無理のない作りになっているので、まさに後日談としての話を楽しむことができます
ただ、せっかく良い感じのストーリーだっただけに、短さがものすごく残念なんすよね…

4つのストーリーの中では、かりんのアフターが1番良かったと思います
新キャラであるかりんパパ゚、かりんママがすごく良い味を出してました
さくらっせでは良い味を出している男性キャラが少なかったので、かりんパパみたいなキャラの重要性を再確認しましたね
てかFDに本編以上の魅力的なサブキャラだすな!www
見たかったな、かりんとママの親子丼(ry

逆に1番期待していたルゥリィ編は少し期待はずれ…
「正直クリスの恋愛事情とかどうでもいいんだよ!」とw
ルゥリィ編というか瑠璃子編とでも言いますか
それでも萌え分は十二分に補給できましたがねw

で、今回問題の優佳編w
流石にあれはまずいでしょうw
完全に「小学生とセクロスしちゃいました♪」、って感じの内容になっちゃってたからねwww
おっぱい担当のゆー姉が、今回はょぅι゛ょ化してしまうので、全体的にロリ色の強い作品になってます
ヒロイン4人中2人がょぅι゛ょだからさw
まぁロリ大好物のかるふぁ的には良かったけどねwww

ただし、結局サブキャラの攻略はできませんし、「Hシーンには気合入れている」といった発表もされてましたが、そこに遊び心は感じませんでした
Hシーンは各キャラ2つだけですし、3Pなんかもありませんから

ちょいとこの手のFDに言いたいことなんですが
「続編」ではなく「ファンディスク」なんだから、もう少し遊んだつくりにして欲しいんですよね
本編ではできない事を可能にするというか
わかりやすい例が「サブキャラ攻略」、「ハーレム化(Hシーンの3P、4Pとか)」、「○○(ギャグ、エロ等)特化」などなど
まぁあんまり内容を変化球にしちゃうと批判多くなるから仕方ないんでしょうが…


あくまで前作『さくらシュトラッセ』をプレイして、なおかつ作品もしくはキャラクターが気に入った人にしかお奨めはできませんし、「本編でのもの足りなさを、これで補完するぜ!」って人も…
まぁ自分はルゥリィのことが大好きですし、作品としても割と好きだったので、概ね満足してます
点数はギリ70点ってとこかなぁ?
スポンサーサイト

テーマ: 美少女ゲーム - ジャンル: ゲーム

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

→http://kalfa2.blog123.fc2.com/tb.php/460-25c48755

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。